意外と知らない?結婚指輪の由来

結婚指輪のはじまりは古代ローマ人?

指輪の歴史は古く、古代エジプトやギリシャ神話の時代にも指輪があった様です。権威をあらわすほか、ロードオブリングにある様に呪術的な意味、時には戦闘に行く戦士がはめる事もあった様です。しかし、現在につながら結婚指輪として指輪が機能しはじめたのは、古代ローマ時代といわれています。古代ローマ人の結婚指輪は認印指輪であり、家財いっさいを封印する権利は妻にあることを確認する意味もあった様です。そのため、時には結婚指輪に小さな鍵がついている場合もあった様です。 当初、結婚指輪は世俗的なものでしたが、9世紀にローマ教皇ニコラウス1世が、結婚式の誓いに結婚指輪を使ったとの記録が残っています。その時花婿から花嫁には金の指輪が、花嫁から花婿には鉄の指輪がおくられたと記録されています。

  

その後の結婚指輪の歴史

結婚指輪は、それ以降主にヨーロッパで主流となりました。イギリスでは古くは婚約指輪として鉄の指輪をする習慣がありましたが、2世紀頃には金の指輪が主流になりました。婚約指輪が結婚指輪となったのは、宗教改革の頃といわれています。ただ、指輪をする位置は時代や国によっても違いがありました。たとえば16世紀エリザベス1世の時代では、婚約指輪と結婚指輪が明確に区別されていませんでしたが、婚約後は親指に指輪をはめていたそうです。また、ローマと同じくイギリスでも、婚約指輪あるいは結婚指輪は当初、キリスト教との結びつきはありませんでしたが、11世紀頃から宗教的儀式の上でも認められ欠かせないものとなった様です。アメリカでは、元来妻だけが結婚指輪をしていましたが、20世紀になって夫婦双方が指輪をする様になったといわれています。 神道および仏教が主流で、和服文化にも指輪をする習慣がなかった日本では、指輪をする習慣が明治時代以降です。結婚式の形態も神前式か仏式が主流でしたので、結婚指輪をする習慣は、戦後の高度成長期にウェディングドレスを着る様になってからのこととされます。